転職活動に悩みはつきもの?!お悩み別解決方法と考えるべき転職のタイミング

転職活動をしていると、悩み事や不安なことがつきないですよね。転職は珍しいことではありませんが、人生を左右する大きな節目です。転職失敗を繰り返さないためにも慎重にいきたい所ではありますが、慎重になりすぎ一歩が踏み出せない…なんて話しもよくあります。転職活動には時間やお金はもちろんですが、それ以上に忍耐力が求められます。

現職と転職活動の同時進行になる場合は尚更うまくいかないことが多く、壁にぶつかることも多いと思います。そんな時でも「うまくいかなくて当然」、悩みのない転職活動は無いのです。

しかし、悩んでばかりいても転職活動は進みませんよね。転職活動を前進させるための、お悩み別解決方法をお教えします。

目次

転職活動は忍耐勝負

転職活動は経験回数が多いから成功するわけではなく、一回目でも三回目でも通る道は同じです。同じ企業に何度も応募するわけもなく、常に「初めまして」の状態なのです。企業情報の洗い出しから、書類作成、面接と段階的に進めるにあたりさまざまな不安に襲われることでしょう。

いい反応の企業ばかりではなく、残念な結果も受け入れなくてはなりません。不採用通知が続くとメンタル維持も難しくなり負のループに陥りやすくなるので要注意です。上手にメンタル維持していきましょう。

不採用通知が怖い

不採用通知はあなたを否定しているわけではありません。内定をもらうということは、数多くいる応募者の中から「選ばれる」ということですので、ずば抜けて採用担当者の目に留まる必要があるのです。あなたよりも加点が多かったから選ばれたわけです。

もしくは、あなたの考えと企業の考えがマッチングしていないため不採用になるパターンも考えられます。この場合は、入社前にアンマッチがわかり良かったと前向きにとらえましょう。

転職活動は何社も面接を受けるのですから、その全てから内定をもらえることはないのです。つまり不採用通知は当たり前のものなのです。

転職活動のよくある悩み

転職活動に悩みはつきものといっても、実際にどのような悩みがあるのでしょう。転職活動の前半、中盤、後半に分け悩み別の解決方法をご紹介します。解決方法を知ることにより一歩前進できるでしょう。

転職活動のはじまり

そもそも「転職した方がいいの?」と悩まれている方もいると思います。

この場合は、転職理由が定まってないため安易に転職に踏み切るのは危険です。漠然的に「キャリアアップしたい」「もっと給与が欲しい」という理由なら、もしかしたら今の会社でも頑張り次第で叶うかもしれません。

自身の仕事のあり方を見直し実績を残すことができればキャリアアップも夢ではなく、給与アップにも繋がるでしょう。転職に踏み切る前に、自身のやれることをやってみましょう。それからでも転職活動は遅くありません。

転職活動の前半

転職を決めたが何から手を付けてよいかわからない

まずは、スケジュールを組みましょう。具体的な月日を用いて転職予定日から逆算して考えることが大切です。最終期限を設けずに進めることは転職活動を長期化しやすく、メンタル維持も難しくなってきます。最終期限を設定し段階的に区切って考えていくことがおすすめです。

現在の職場の人に知られないか不安

在職しながら転職活動をする場合、必ずぶつかる壁です。円満退社を目指すためにも波風はたてたくありませんよね。何も決まっていない序盤に転職の噂が広まるのは望ましくありません。少なくても内定がでるまでは親しい同僚にも口外しないのがベストです。

また、社内のパソコンで企業の情報収集することも避けましょう。やることも多く時間を有効活用したい気持ちはわかりますが、その先の転職活動に影響が出ないよう軽率な行動は控えましょう。

応募企業が決まらない

転職にあたって、自身の棚卸を行い目指す先を絞り込みます。ここで具体的な応募企業が決まらない場合は、たまたまあなたが求めている企業の求人募集が無い、もしくは条件が高望みしすぎているということが考えられます。求めている企業の求人募集が無いのであれば、無理に進めず次のチャンスが来るまで待つことも考えましょう。もし高望みしすぎている場合は、本当に譲れないものはなにか今一度自身の棚卸を行うと良いでしょう。「譲れない条件」と「出きれば叶えたい条件」は違いますので、再度ふるいにかけてみるのも大切なことです。

応募書類の作成が難しい

応募書類の作成には時間も労力もかかり、簡単にはいきませんよね。転職の第一歩、書類選考通過するためには応募書類にかかっているのです。何社も受ける場合、その数だけ応募書類を作成する必要があるので根気のいる作業です。

ですが、ポイントとマナーを押さえることにより応募書類の質はぐっと上がります。「履歴書」と「職務経歴書」それぞれの役割や要点を理解し丁寧にまとめてみましょう。誤字脱字などで減点されないことはもちろんですが、採用担当者の目に留まり「会ってみたい」と思わせるような加点されるまとめ方を意識しましょう。

転職活動の中盤

面接で緊張する

初めて会う人と話すわけですから緊張するのは当たり前です。同じ企業に何度も面接に行けるわけではなく、転職活動が一回目の人も三回目の人も通る道は同じで常に「初めまして」の相手が目の前にいるのです。

「伝えたいことをしっかり話したい」と考えれば考えるほど緊張してしまうものです。ですが、緊張しているからといってマイナス評価になることはありません。誰でも緊張するものだということを念頭におき、「丁寧な言葉」で「ゆっくり話す」という部分を意識するだけで真面目に答える姿勢を評価してもらえるケースもあるのです。採用担当者はあなたの人柄を見ています。

最近ではフラットな面接を行う企業も増えていますが、ここは注意するポイントです。気を緩めすぎると逆効果になることもあるため、ある程度の緊張感はあった方がよいでしょう。

面接時間を確保できない

大抵の場合、複数企業に同時進行で応募するためスケジュール管理が難しくなりますよね。絶対に避けなくてはならないのが、ダブルブッキングです。せっかく面接のチャンスをつかんでも、面接時間を確保できなくては意味がありません。スケジュールの詰め込みすぎは命取りです。在職しながらの転職活動は想像以上に過酷なもので、冷静な判断が求められます。

しかし、企業側もあなたが在職しているのをわかっているのですから、遅い時間の面接にも柔軟な対応をしてくれる場合もあるのです。在職中は現職に迷惑をかけすぎないよう細心の注意が必要となります。

また、現職が忙しく思うように転職活動が進まない時は少し時間を空けることも考えましょう。無理をするとどこかでしわ寄せがきますので、何事もタイミングが重要です。

転職活動の後半

内定がもらえない

面接まで漕ぎつけても中々内定がもらえないと不安になりますよね。「このまま転職できないのでは…」と考えてしまうところですが、あなただけではなくみんな苦労しているのです。とんとん拍子に進む人はごくわずかです。あなたに合う企業は必ずあるはずですが、その企業に出会うためにも、今一度見直しを行うとよいでしょう。

それが「応募企業の洗い出し」なのか、「応募書類の工夫」なのか、もしくは「面接時の印象」なのかさまざまですが、現状を打破すべくまずは行動することが大切です。これらの質が上がれば内定率は上がるはずです。

内定を辞退したい

複数企業から内定をもらった場合、どれか一社に絞らなくてはなりません。せっかくいただいた内定を辞退するのは心苦しいものですよね。しかし、これからの人生を左右する大事な場面ですのでしっかり選ぶ必要があります。

一社に決めた後は、それ以外に内定をいただいた企業に内定辞退の連絡を行わなくてはなりませんが、「電話をかけにくい」と悩まれている方は多いのではないでしょうか。

内定辞退することに罪悪感を感じる必要はありません。むしろ、内定辞退の連絡を先延ばしにすることの方が問題です。あなたにとっても企業にとっても先延ばしにして得るメリットは何もないのです。社会人として誠意を持ち対応することが重要です。

企業としても次の採用者を考える必要もあり、案外あっさり対応してくれるケースが多いのです。一度は内定をいただいた相手ですので、丁寧に誠実な対応を心がけましょう。

退職を伝えにくい

いざ内定をもらい転職先が決まると、次は在職中の会社に退職の意思を伝えなくてはなりません。ここは勇気がいるところですよね。ここまで水面下で転職活動をしてきましたが、円満退社を目指す為にもきちんと伝える必要があります。そして、必ず聞かれるのは「退職理由」です。辞めるからと言って投げやりになってはいけません。退職意思を伝え、新しい会社に入社するまでが転職活動です。

転職理由はさまざまですが、たとえ上司と折り合いが悪くても、今の部署に不満があったとしても、馬鹿正直に伝える必要はありません。「結婚」や「親の介護」が理由の場合は正直に伝えても良いかもしれませんが、本音を言うことであなたの印象が悪くなるような場合は建前上の理由が無難なのです。転職後もどこかで繋がる可能性があるため印象を悪くせず、最後まで誠意ある姿勢を見せましょう。

引継ぎ時間が足りない

転職先が決まり、退職の意思を伝えたら次に待っているのは引継ぎです。退職日までの限られた時間の中で全ての引継ぎを行うのはとても大変なことです。通常の業務プラス引継ぎですので時間が足りなくなるのは目に見えています。

ここを最後まできちんと業務をこなすことであなたの印象が変わってくるのです。後任のスキルにもよりますが、退職日まで引継ぎしきれない場合は、退職日を延長してもらい転職先の入社日を遅らせてもらうことも考えましょう。

まとめ

転職活動を進めていくと次から次へと悩みが出てきますよね。でもこれが当たり前なのです。人生の中で転職活動は数えるほどしか経験できなく、もしかしたら一度きりかもしれません。不安な気持ちから一歩踏み出すのは勇気がいることですが、考えすぎて行動できないことは非常にもったいないことです。

転職活動は「忍耐勝負」と先述しましたが、負のループに陥った時こそ「思考の変換」が大切です。転職活動をより良いものにするためにも「よくある悩み」を参考に前向きに頑張りましょう。

お悩み別解決方法と考えるべき転職のタイミング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる