結婚するなら仕事を見直そう!知っておきたいプラスになる転職とタイミング

結婚は人生のターニングポイントです。そのタイミングで転職を考える人は少なくはありません。

  • 今の会社で大丈夫なのか
  • 金銭的に問題はないのか
  • 家庭と仕事の両立できるか
  • 子どもが産まれても働き続けることができるのか

など心配なことが山積みですよね。

結婚を機に転職を考える女性の割合は、男性に比べ圧倒的に多いのが事実です。結婚、妊娠、出産などこれからの予定に備え転職先を選ぶ必要があります。 男性の場合ワークバランスや給与面など、よりよい条件で働くために転職を考えるケースが多いですが、男女ともに結婚と転職のどちらを先にすべきか悩むところです。

結婚を機に転職する場合、男性と女性では考慮すべきポイントは違い、ベストなタイミングが異なります。 

ここでは「結婚を機に転職をする場合の転職先の探し方」「不利にならないための転職のタイミング」など男女別にメリット・デメリットをわかりやすくご紹介します。 

目次

結婚を機に転職する目的は?

結婚を機に転職を考える人は少なくはないでしょう。その目的として考えられるのは以下の理由が挙げられます。 

男性の場合女性の場合
・金銭面の不安 ・金銭面の不安 
・キャリアアップ ・妊娠や出産を考えている 
・相手の親の同意 ・転居するため 
・労働条件の緩和 ・労働時間の緩和 

結婚後のライフスタイルに合わせ、よりよい条件の転職先を選ぶ必要があります。結婚するなら計画的に転職活動を行うことが重要です。 

男性の転職

実際に結婚の話を進めていくにあたり重要視されるのは金銭面です。結婚式費用はもちろん、引っ越し資金や結婚後の生活資金、将来的に子ども予定している場合は思いがけない出費も多くなります。また、職種の面で相手の親の同意を得られないケースもあり結婚を機に転職を考える男性は多いのです。 

金銭面の不安

男性が不安に思うことは、家族を養えるかどうかという点です。夫婦共働きできる間はいいが妊娠や出産でパートナーが働けなくなったときに「自分ひとりの給与で生活していけるのか」また、自分の親や相手の親の介護が必要になった場合に「援助できるのか」という点も視野に入れなければなりません。

住宅の購入を考えている場合は住宅ローンについても考えておく必要があります。勤続年数が短いと住宅ローンを組むのが難しいため、計画的に行動する必要があります。

これ以外のケースとして、女性が活躍する場面が増えている現代では、安定した収入を得ている女性も多くいます。男性側としてもさらなる向上を目指し、より安定した収入を得たいと考えている人は多いでしょう。

仕事に対してのやりがいや情熱は大切なことですが、それ以上に結婚後のビジョンをしっかり持ち収入アップを目指しましょう。

キャリアアップ 

仕事の幅や裁量を広げキャリアアップを考えている男性は少なくはありません。現職よりも高いポジションの獲得や年収アップにつながり待遇の改善なども期待できます。「最終的にどうなりたいのか」という長期的なキャリアプランを明確に立てましょう。

相手の親の同意

仕事が不安定、収入面に不安がある場合など相手の親の同意が得られないケースがあります。収入が安定していない状態での結婚は危険という理由で反対されるものです。出来れば相手の親とも円満な関係を築きたいものです。相手の親からの信頼を得るためにも仕事や収入面は早めに安定させる必要があります。

労働条件の緩和

企業によっては転勤や出張が多い、残業時間が長いなど結婚後の生活への支障がないかを考えましょう。残業の量は年収と天秤にかけ判断することが必要です。年収があるに越したことはないですが、家族とのコミュニケーションの時間が取れないとすれ違いの原因になり得るのです。

将来的に子どもを予定しているのであれば、育児にどれだけ携われるかという点も重要になるでしょう。サービス業など土日が休めない仕事はたくさんあります。しかし、子どもが小さいときのかけがえのない時間を一緒に過ごせないのは悲しいことですよね。運動会や子供のイベントは大抵土日に開催されるためどこまで考慮してもらえるのかという点も重要になります。

とはいえ、希望条件ばかりを一方的に伝えるのではなく企業への貢献度をしっかりと伝える事が必要です。

女性の転職

働く女性にとって、結婚はひとつの転機です。結婚後の生活を考えた際に今の会社ではなんらかの不都合があり転職を考えるケースがほとんどです。キャリアアップを志す人よりも、新生活に向けてのライフバランスを重要視する傾向があります。結婚・出産・育児など家庭と仕事の両立ができる職場選びが大切です。

金銭面の不安

男性同様、結婚の話を進めていくにあたり重要視されるのは金銭面です。結婚式費用はもちろん、引っ越し資金や結婚後の生活資金、将来的に子ども予定している場合は思いがけない出費も多くなります。働けるうちは働いて結婚後の生活資金を蓄えたいと考える女性が増えています。

妊娠や出産を考えている

避けて通れないのが妊娠・出産・育児による一時離脱です。妊娠や出産を予定しているのであれば、より福利厚生に優れた子育てに適した会社を選び、仕事と家庭のバランスを取ることが重要です。そのため、転職先の女性社員の割合、産休・育休の取得実績、残業や休日出勤の有無を事前に確認し、自分のライフスタイルに合う企業を選ぶ必要があります。

転居するため

仕事を続けたかったが結婚に伴う転居により、転職をせざるを得ないケースもあります。慣れない土地、慣れない生活の中での転職活動は想像以上に大変なものです。可能であれば転居前から就職活動を行い、新生活にむけスムーズに移行できる体制を整えることが望ましいでしょう。

労働条件の緩和

仕事と家庭の両立で負担も増えることでしょう。仕事面をトーンダウンし派遣やパートでの勤務を望む方もいれば、結婚後も変わらずに正社員として働きたいと望む方もいます。結婚での転職は決して不利ではありませんが、企業とマッチングできるかどうかが鍵になります。残業のない会社を選びたい、土日は休みたいなど将来的に出産や育児を視野に入れた企業探しをする必要があります。

女性が企業選びをする際に重要なのは、制度以上に実績です。実際に産休・育休の取得実績はあるのか、既婚者や子育て中の女性がどれだけいるのかなど事前に確認しておくと良いでしょう。

プラスになる転職とは? 

転職を通して仕事の幅を広げることができれば、日々の暮らしを充実させることができます。結婚を機に転職を考えている場合ネガティブな理由ではなく、自己成長を得られるステップアップ段階です。新生活や家族のことなど明確なビジョンを持つことで仕事に対しての意欲や遣り甲斐を感じられるでしょう。

前向きな思いを見つけよう 

「前職の退職理由を教えて下さい」、転職では必ず聞かれることです。先述で述べたように転職にはさまざまな理由が挙げられます。たとえば、金銭面が不安で転職をする場合、「給与が低くて…」では会社への不満になってしまいます。この場合、お金のことしか考えてないと受け取られてしまいマイナスにイメージになります。

プラス転換し、「成果を正当に評価してくれる御社で、実力を発揮したい」「自分の人生設計と照らし合わせ、収入面でより上を目指していきたい」などの表現をすることで、自己アピールにもつながりマイナスイメージを払拭できます。

男性の転職では「結婚」はプラスイメージになる

転職活動における志望動機のひとつとして、「家族のための転職」は採用にプラスに働く可能性は高いです。理由としては、家族を大事に思う人なら簡単には辞めないだろう、責任感も強いだろうと受け取り、期待を寄せる企業が数多くあります。家族を守るための判断なので、まじめに働くという意思が伝わり独身男性にはできない責任感をアピールすることができます。

ここで注意すべき点は、あくまでも志望動機のひとつであってそれを前面に出すぎないこと。家族との時間を優先したい、休みを考慮してほしいなどと強調しすぎると逆効果になるので伝え方には注意が必要です。

結婚前・結婚後どちらがベストなタイミング?

結婚を機に転職する際、結婚前がいいのか結婚後がいいのか悩む点です。どちらも人生を形成する大切なターニングポイントです。結論からいうと男女ともに、子育てを見据えて結婚前に転職するのがベストです。

女性の場合、結婚後の妊娠・出産を予定しているのなら、一年ほどの余裕を持って転職することをおすすめします。転職後すぐには産休・育休が取りにくい、周りからよく思われないなどのケースがあるため、ある程度仕事に慣れてから結婚・出産へ進むと良いでしょう。

男性においては、結婚前・結婚後で大きく左右されることは少ないですが、結婚前の方が時間にゆとりがあり柔軟な対応ができる、転職活動に集中できるなどが挙げられます。

転職活動を進めるにあたり重要になるのがパートナーとの話し合いです。パートナーの理解を得て計画していく必要があります。

メリットとデメリット

結婚前・結婚後それぞれのメリット・デメリットは下記の理由が挙げられます。

結婚前に転職するメリット・デメリット

メリットデメリット
・時間にゆとりがある・企業選びを間違えると結婚生活に支障が出る
・転職活動に集中できる・結婚後に状況や心境が変化する可能性もある
・年齢が若い方が転職の幅が広がる・転職後すぐには産休・育休の取得はできない
・妊娠・出産までの間に職場の信頼を得ることができる・住宅ローンの審査が通りにくくなる

結婚後に転職するメリット・デメリット

メリットデメリット
・結婚生活を経験した上での企業選択ができる・家庭を優先しないかなど採用選考が厳しくなる
・夫婦で情報共有でき助言もできる・不慣れな結婚生活と転職活動の併用が難しい
・出産や子育てを経験し落ち着いてから転職活動ができる・収入やキャリアをキープしながらの転職は困難
・すぐに妊娠・出産予定がある場合は雇用されにくい
・雇用形態や職種の幅が狭くなる

転職のタイミングは、結婚後の新生活に向けどのような働き方をしたいかによってかわってきます。どのような選択をするかは自分次第ですが、キャリアを重視したい場合は結婚前に転職した方が採用されやすいでしょう。また、家庭を重視し結婚生活を経験した上でゆっくりと企業選びをしたい方は結婚後の転職が良いでしょう。大切なのは自分のキャリアプランとライフバランスです。

女性はより計画的に

結婚前・結婚後どちらの場合であっても、結婚を機に女性が転職をすることは簡単なことではありません。一般的には、結婚一年前まで転職を済ませておくのが理想と言われています。妊娠・出産・育児を予定している場合転職直後には産休・育休が取れないためです。また、会社の信頼や周りの理解を得るためにも一年以上は実績を残し土台をしっかり作りましょう。

面接時に「結婚予定」を聞かれた場合

これは女性に限ったことではなく、男女ともに結婚について聞く企業はあります。聞く背景には会社には「雇用者の生活を守る」役目があるからです。前提にあるのは“正直に答えること”です。採用担当者は事実を把握した上で採用決定する義務があります。

転職直後に結婚の予定が決まっているのにもかかわらず伝えない場合は、虚偽の事実を伝えたとして印象も悪くなってしまうでしょう。では、どのように伝えるのが良いのでしょう。

  • 将来的に結婚しても仕事を続けたい意思を伝える
  • パートナーも仕事を続けることに理解を示している
  • 子どもについて聞かれた場合は「将来的な予定」として伝える
  • 家庭と仕事を両立してさせながら仕事を続けていきたい
  • 結婚後も責任ある仕事に挑戦したい
  • 採用担当者が重視しているポイント

企業側は、長く自社に貢献してくれる人材を求めています。良い人材に長く働いてほしいと思うのは企業としては当たり前のことです。せっかく採用したのにすぐに辞められてしまうと、また求人を出すことになり人材募集にかかるコストや人材育成に使った時間のロスになるからです。仮に中小企業の場合、時間とお金のロスは社の死活にかかわるため採用担当者も慎重にならざるを得ないのです。以上のことを踏まえ面接での受け答えは最も重要なポイントになります。

まとめ

一度築いたキャリアをリセットし、新たなステージに立つということはたやすいことではないでしょう。結婚予定があるのであれば、できるだけ早いうちから準備を行い計画的に進めることが重要です。少なくても結婚予定の一年前には転職をすましておきましょう。

将来どんな風になりたいのか、特に女性の場合は出産や育児など家庭と仕事のバランスをどうとるかが重要になります。長期に渡るライフプランを具体的に立て、転職のタイミングを熟慮することが大切です。納得できる条件、働き方への前向きな転職を成功させ、新生活をよりよいものにしましょう。

結婚するなら仕事を見直そう!知っておきたいプラスになる転職とタイミング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる