「こんなはずじゃ…」を防ぐ!知っておきたい転職のメリット・デメリット

転職したいと思っていても、本当にうまくいくのか、失敗したらどうしようと不安になる人が多いと思います。転職にはメリットがありますが、デメリットもあります。なぜ転職しようと考えているのかを再確認し、冷静に転職を検討しましょう。

この記事では、転職に関する収入面、人間関係、キャリアプランのメリット・デメリット、転職する会社別のメリット・デメリット、転職するタイミング別のメリット・デメリット、転職に成功するコツについて解説します。

はるな

転職は人生の一大事。
失敗してから「こんなはずじゃなかった…」となっては取り返しがつかないわ。まずはメリットデメリットを知ることから始めましょう!

目次

転職のメリット・デメリット

転職したいと考えている場合は、メリットばかりに気を取られ、デメリットに気付かないまま転職に踏み切ってしまう場合があります。現状を変えたくて転職したのに、転職することで悪化してしまっては意味がありません。

転職における収入面、人間関係、キャリアプランのメリット・デメリットについて解説します。

収入面のメリット・デメリット

転職することで、収入面の変化は重要な問題です。今より給与水準が高い会社に転職できれば高い年収が期待できますが、転職活動がうまくいかなかったり、転職後の昇給率が低ければ年収が下がってしまう可能性があります。

自分のキャリアやスキルが高く評価されたり、大手企業や外資系の企業に転職できれば高い年収が期待できます。しかし、思ったより自分の能力が評価されなかったり、今働いている会社と違う業種への転職する場合は、年収が下がってしまうかもしれません。

また、退職金制度の有無によって生涯年収に大きな差が生まれる可能性についても理解しておく必要があります。退職金制度は、法的に定められた制度ではなく、会社ごとにルールが異なります。

一般的には勤続年数に応じて退職金は多くもらえますが、勤続年数に対する退職金の増え方は会社によって大きな差があります。勤続年数が20年を超えると大幅に増える場合、勤続年数に比例して安定して増える場合、そもそも退職金制度がない場合などさまざまです。

転職することで勤続年数はリセットされるので、一般的には転職した会社でもらえる会社からもらえる退職金は少なくなります。何歳で転職するかにもよりますが、年収が少し増えた程度では生涯年収が下がる可能性があります。

転職先の会社でもらえる年収は大事な問題ですが、転職後にもらう退職金や企業年金、給料を計算して、生涯年収が増えるかどうかについても確認しておきましょう。

はるな

生涯年収を考える際には、業種別の平均年収データも併せてみてみるといいわ。業界によって数百万円 変わることがあるのよ。

人間関係のメリット・デメリット

今働いている会社での人間関係が嫌で転職する場合は、新たな環境で働くことができることは大きなメリットです。人間関係をリセットできる転職は、大きな魅力と言えるでしょう。中小企業では、役員が親族で占められていたり、社長がワンマンでろくに相談できる相手がいないといったケースもあります。働き続けても状況が変わる可能性が低いのであれば、思い切って転職するのもよいでしょう

ただし、同僚に嫌いな人がいる、上司からの評価や態度が気に入らないといった理由で転職を検討している場合は、転職後にうまくいかない可能性についても考えておく方がよいかもしれません。

どのような組織でも相性の悪い人はいるものですし、上司とはうまくいかないことの方が多いです。そこまで重大ではない人間関係のトラブルであれば、転職ではなく配置転換や異動などで解決することもあります。

また、転職は社内の人間関係だけでなく社外の人との人間関係もリセットすることも意識しておきましょう。社外の人との信頼関係は、会社から退職するとなくなってしまいます。転職する場合は、すべての人との人間関係をリセットしうることを意識しておきましょう。

はるな

基本的に「逃げ」からくる転職は避けたほうがいいけれど、精神を病んでしまうくらいなら転職してしまう決断も必要ね。

キャリアプランのメリット・デメリット

転職をキャリアアップのチャンスと捉えている人は多いです。プログラマーからシステムエンジニアを目指す、国内営業から語学力を生かして海外営業を目指すといった、キャリアアップできる可能性があります。

一方で、以下の会社とは異なる業種への転職では、今までのキャリアが活かせないケースがあります。飲食業から製造業への転職の場合は、今いる会社で身に付けたスキルや経験が十分に活かせないかもしれません。収入面や待遇面で満足できない可能性についても考慮すべきでしょう。

逆に、今いる会社の仕事が好きではない、なんとなくうまくいかないといった場合は、転職が人生の転機となるかもしれません。今の会社で我慢して働き続けるより、思い切って別の世界へ飛び込んでみることも検討してみましょう。仕事とは直接関係のなさそうなスキルが思いのほか転職先の会社で役に立ったということもあります。

はるな

同じ職種で転職を考えるなら、業界別の平均年収や慣例をチェックしておきましょう。やりがい優先なら、将来のキャリアプランを見据えた上で転職先を考えるといいわね。

どんな会社に転職するかにおけるメリット・デメリット

転職は、会社の規模によってもメリット・メリットがあります。性格によって合う・合わないがありますし、他の人にとってはメリットでも自分にとってはデメリットになるかもしれません。

大手企業、中小企業、ベンチャー企業のメリット・デメリットを解説します。

大手企業に転職した場合のメリット・デメリット

大手企業には以下のようなメリット・デメリットがあります。

大手企業のメリット大手企業のデメリット
福利厚生が充実
経営が安定している
社会的信用が高い
考え方が古い
決まったルールに縛られる
年功序列が強い

安心して働ける環境ではありますが、仕事に関する自由度は低い場合があります。従業員の人数が多いので、人間関係が複雑、一人ひとりまで目が届いていないといった点も気になります。

中小企業に転職した場合のメリット・デメリット

中小企業には以下のようなメリット・デメリットがあります。

中小企業のメリット中小企業のデメリット
アットホームな雰囲気
重要な仕事も任せてもらえる
テンポ良く働ける
福利厚生が不足
将来性が不安
閉鎖的な人間関係

中小企業は、比較的自由度の高い職場ですが、収入面や福利厚生面に不安が残ります。責任のある仕事を任せてもらえたり、仕事の進め方が自由だったりといったメリットがあり、スキルや経験が十分な人におすすめです。一方、経営面では将来性に不安が残ります。閉鎖的な人間関係が好きではない人にとってはデメリットが多いかもしれません。

ベンチャー企業に転職した場合のメリット・デメリット

ベンチャー企業には以下のようなメリット・デメリットがあります。

ベンチャー企業のメリットベンチャー企業のデメリット
自由な職場環境
向上心の強い人が多い
業績が安定しない
人手不足
仕事中心になりやすい

ベンチャー企業は、平均年齢が低い傾向があり、仕事に対する自由度が高いという特徴があります。向上心があり自分で考えて行動できる人は働きやすいですが、上司からの指示を待つタイプだと厳しいかもしれません。経営が安定していない時期では、仕事が重労働になりやすい点も注意しておきましょう。

転職するタイミング別のメリット・デメリット

転職は、いつするのかも重要な問題です。急いで転職して失敗する場合や、迷っているうちに転職できなくなる場合もあります。自分にとって最適な転職のタイミングはいつなのかも考えてみましょう。

第2新卒・20代転職のメリット・デメリット

第2新卒や20代の転職では、新卒と比べて社会人経験があることやビジネスマナーなどの基礎教育が終わっている点が強みになります。ポテンシャルや将来性が評価されるので、今の会社とは異なる業種や職種へ挑戦するチャンスです。今の仕事とは相性が悪い人や、違う仕事にチャレンジしてみたい人は、20代の転職を検討してみましょう。

一方で、転職する理由が明確でない人や、特に理由もなく同じ業種へ転職する場合は、敬遠されやすくなります。採用する会社としては、また転職するのではないか、本当にやる気があるのかという不安があるからです。面接時には、会社に貢献できる人材であることをアピールしましょう。

はるな

20代の転職は最もチャレンジしやすいわね。やりたいことと強みを掛け合わせて転職先を探すのをおすすめするわ。

30代転職のメリット・デメリット

30代の転職は、今までの経験やスキルがしっかり評価されます。働いていた会社での実績や身に付けたスキルが高く評価されれば、年収アップやキャリアップのチャンスと言えるでしょう。面接時に実績やスキルを応募先の会社で活かせることをアピールするのが成功の秘訣です。

またこの年代になると、部下を抱えてチームリーダーや管理職につく人も少なくありません。そのようなマネジメントスキルはどの会社においても歓迎されます。マネジメント職で転職できれば、年収アップも見込めるでしょう。

一方で、今まで働いていた会社とは異なる業種への転職の場合は、今までの経験やスキルが評価されない場合があります。30代の転職の場合は、基本的に即戦力になる人材が求められるので、過去の実績と会社がマッチしていなければ厳しいです。

はるな

30代の転職では、「マネジメント力」や「専門性」がキーになるわ。
小規模でも組織のマネジメントをしていた経験、あるいはプロフェッショナルとして磨いた技術力をアピールすると年収アップにつながるわね。

40代・50代転職のメリット・デメリット

40代・50代の転職では、スキルや経験、実績が高く評価されれば、年収やキャリアアップが期待できます。正直にいうと、この年代の転職はかなり厳しいものです。ですが、40代・50代を採用したいという求人があるのも確かです。

それは、「管理職や役員クラス」あるいは「専門職」の求人です。前者であれば、現職で少なくとも求人票と同等クラスの役職を担っていれば転職を有利にすすめられる可能性があります。また後者であれば、「専門性が高い=他に代えがきかない人材」ということで重宝されるでしょう。

一方で、希望通りの求人がなかなか見つからない点がデメリットと言えます。年単位での長期的な転職活動を覚悟し、日頃から希望する求人を探しておくことが成功の秘訣です。

転職に成功するコツ

転職を成功させるためには、なぜ転職しようと思ったのかを再確認して、転職することでどのような目標が達成できるのかを明確にすることが重要です。転職に関して相談する相手がいない場合は、転職エージェントを利用することも検討してみましょう。

転職する理由を再確認する

転職する理由は人それぞれです。以下のような理由で転職を決断しています。

  • 年収が少ない
  • 人間関係に悩んでいる
  • 今と違う仕事がしたい
  • 仕事が忙しすぎる

問題は、転職することで上記のような悩みが解決できるのかという点です。転職して会社が変われば全てがうまくいくと思ってしまうかもしれませんが、転職する会社によっては同じ悩みを抱えることになる場合もあります。何のために転職するのか、悩みや問題は解決できるのかを意識してみましょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントは、希望する求人を探してくれるだけではなく、転職の悩みを相談することもできます。職歴や所有する資格などから最適な業種や職種を提案、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策など、メリットが多いです。転職に不安を感じているのであれば、転職エージェントを利用してみましょう。

転職のデメリットが気になるなら転職エージェントを利用しよう

転職に不安を感じている、デメリットが気になる場合には、サポートが充実した転職エージェントを利用することをお勧めします。

サポートが充実した転職エージェントは以下の3つです。

  • doda
  • マイナビエージェント
  • リクルートエージェント

それぞれどのような特徴があるのかを解説します。

サポートに定評があるdoda

dodaエージェント

dodaは、業種や職種選びのアドバイスや職務経歴書の書き方、面接対策など、サポートに定評がある転職エージェントです。2020年12月14日時点の公開求人数は68,114件と、転職エージェントの中でも求人件数が豊富です。取り扱っている業種も幅広いので、業種や職種を迷っている場合でも対応できます。
(参考:doda)

初めての転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェント

初めて転職する場合や転職に関する知識がない場合は、マイナビエージェントがおすすめです。マイナビエージェントは、転職サポートの評価が高く、新卒や20代の転職活動をバックアップしてくれます。幅広い業界や職種の求人を取り扱っているので、どのような会社へ転職するかを迷っている場合でも利用しやすい転職エージェントです。
(参考:マイナビエージェント

求人件数が豊富なリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、公開求人件数、非公開求人件数がトップクラスの転職エージェントです。2020年12月14日時点の公開求人数は107,043件、非公開求人件数は120,565件となっています。「面接力向上セミナー」や「模擬面接サービス」、職務経歴書の書き方、面接対策を実施しており、転職サポートが充実しています。
(参考:リクルートエージェント

まとめ

転職に不安を感じる人は多いです。転職して失敗したらどうしよう、どんなデメリットがあるのかと心配になりますよね。転職には、収入面、人間関係、キャリアプランといった点や、どのような会社に転職するか、いつ転職するのかといった点でもメリット・デメリットがあります。

転職する理由や目的は人それぞれです。自分に当てはまる内容のメリット・デメリットを確認しておきましょう。転職に不安を感じる場合は、サポートが充実した転職エージェントの利用を検討してみましょう。

「こんなはずじゃ…」を防ぐために知っておきたい転職のメリット・デメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる