業界研究が転職を制す?未経験業界に応募する前に押さえるべきポイントを解説

転職をする上で欠かせない業界研究。ここを押さえれば、自分の目指すべき方向を明確に再認識できて転職の成功率が高まります。

とはいえどう業界研究をすればいいのか、やり方がわからない方もいらっしゃいますよね。

  • 業界研究ってそもそもどういう意味?
  • 未経験業界に転職するときの業界研究のやり方を教えてほしい
  • 注意点やコツもあれば詳しく知りたい

転職時に業界研究しようと思った際、上記のような疑問を持つこともあるでしょう。

そこでこの記事では、「転職時に業界研究を行う上での注意点やポイント」についてまとめました。

初めて業界研究を行う方でも、記事を見れば注意点も踏まえながら業界を詳しく知っていけますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

はるな

初めての業界を目指すなら、必ず通る最初のステップよ。
そもそもなぜ業界研究が必要なのか、知っておくといいわね。

目次

そもそも業界研究の意味とは?目的をしっかり把握して役立てる

業界研究はただ目的の業界を研究するだけではなく、しっかり目的を把握して行わなければ転職に役立てるのは難しいでしょう。

そのため目的を正しく把握し、未経験業界に転職する上で役立てる必要があります。

この項目では業界研究と関連した企業研究についても紹介しますので、ぜひ業界研究の意味を改めて確認するのにご活用ください。

業界研究の意味とは?

そもそも業界研究とは、世の中にある多くの業界をカテゴリ別に分けて研究を行うことです。

業界全体の動向や景気を調べ、仕事内容を踏まえた上で今後の成長や将来どうなるかという予測も立てられます。

もし転職時に業界研究を怠ると、自身の業界イメージだけで転職を決意してしまうことがあるのです。

  • IT業界だとどこでも仕事ができそうだし給料が高そう
  • 介護ならお年寄りと親身になるだけで成功しそう

先入観から仕事を選んでしまうと転職に失敗しやすく、応募時も一貫性のない志望動機になりがち。

しかし業界研究を行うと、その業界の特徴を知りながら自分に合った仕事を見つけやすくなるのです。

未経験の業界でも業界研究をしっかり行えば、ミスマッチを防ぎつつ自分が活躍していけるキャリアを描いていけますよ。

はるな

入社後に「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、
業界研究が必要なのね。

自分の興味が湧く業界を調べる

業界研究といえばとても堅苦しいイメージですが、実際は自分の興味が湧く分野を中心により深く調べていく流れです。

現在日本の産業に関わる業界は、大きく分けて下記3つの業界に分かれます。

  • メーカー系
  • インフラ・基幹サービス
  • 付加価値サービス

上記3つのカテゴリからさらに細分化され、建設や食品・金融からITといった分野に枝分かれしていきます。

自分の興味が湧く分野はどの業界に当てはまるのか、全体でどういう傾向が見られるのかを把握・深堀りしていく研究です。

興味が湧かない分野であれば研究自体が苦痛となってしまい、キャリアの形成にも少し無理が出てきてしまうでしょう。

そのため自分の得意分野を見つける意味でも、研究を行うなら最初に「好きで深堀りできる業界」を中心に探していってください。

はるな

決してすべての業界に詳しくなる必要はないのよ。

企業研究との違いは?

似たような言葉で「企業研究」があります。企業研究の場合は業界よりもピンポイントで、志望する企業の情報を集める作業です。

業界内であっても企業独自でそれぞれ特徴が違い、成長度や今後の見通しも全く異なります。

そのため業界研究を終えたら実際に就職したい企業を選び、そこから企業の情報をより詳細に調べていきましょう。

企業を調べる媒体は複数あるため、下記の例を参考にしてください。

  • 企業のコーポレートサイト
  • 採用サイト
  • 会社・企業説明会
  • 競合を分析して特徴を知る

どんな転職であっても、入社したい企業の情報を集めるのは多くの方が通る道です。

しかし意外と業界まではしっかり調べていない方が多く、視野が狭い状態で研究している場合もあります。

入社してからどんなキャリアを築いていくのか明確にするため、必ず業界研究から始めて理解を深めましょう。

転職で業界研究を行うにはどうしたらいい?未経験業界なら研究必須!

未経験の業界に転職したいと思った際、ある程度の理解がなければ間違いなく面接の場で落とされてしまうでしょう。

また自分がどんな適性を持ち、どういうキャリアを描いていくのかを考えると業界研究は必須です。

しかしどんなふうに業界研究を進めていけば良いのでしょうか?この項目で紹介する内容をもとに、具体的にイメージしてみてくださいね。

まずは業界全体の知識を深めるところから

まず日本では大きく分けて3つの産業に分けられ、枝分かれするように各業界が続いています。

メーカー系の場合

  • 建設
  • 食品
  • 化学
  • 自動車
  • 電気機器

インフラ・基幹サービスの場合

  • 小売・流通系
  • 金融
  • 不動産
  • エネルギー
  • 通信

付加価値の高いサービス

  • IT
  • 旅行
  • 教育

具体的にはメーカーがものづくりを行って、社会の基盤を基幹サービスが整備。付加価値の高いサービスがより良い社会を作っていく流れです。

つまり業界ごとに大きな枠組みがあり、業界全体の方向性が一貫してまとまりやすい分類となっています。

まずは自分が興味のある業界はどんなサービスを提供しているのか理解し、業界ごとの特徴をリサーチしましょう。

もし求めている業界が自身の譲れない条件と合っていなければ、転職に成功しても後悔してしまいます。(大手メーカー系は歴史があり、年功序列が残っている傾向あり)

そのため業界全体の特徴もしっかり押さえておくと良いです。

はるな

実は業界によって平均年収も大きく異なるの。
年収に関することは、こちらの記事が参考になるわよ。

自分の就職したい業界のニュースやトピックスをチェック

ある程度自分の就職したい業界が定まったら、ニュースやトピックスをチェックして情報収集を行いましょう。

また専門紙や業界紙もチェックしておくと、非常に理解が深まります。

会計事務所の道具箱というサイトでは、より詳しく業界ごとの最新ニュースをチェック可能です。

ひとつの専門紙から情報を得るのではなく、取捨選択して総合的に判断できるよう複数の媒体から情報を取得してください。

同じような内容でニュースを取り扱っていても、切り口が違えば全く内容が異なる場合もあります。

多くの情報から共通した答えを見つけ出し、考えをまとめれば「この応募者はよく考えている」と面接時に良いイメージにつながりやすいです。

業界研究を行う際の媒体はさまざま

業界研究を行う際は、ニュースやトピックス以外にも多くの媒体から情報を得られます。

  • 新聞や雑誌・本
  • 企業の最新ニュース
  • 転職サイトのまとめ記事
  • 企業説明会
  • すでに働いている友人、先輩や関係者から直接聞く

例えば本やインターネットから得られた内容をもとに、現場で実際に働いている先輩社員へ直接聞いたとします。

すると現場では思ったよりもニュースとの温度差があった、という声も少なくありません。

情報媒体だけで決めてしまうより、現場の声をダイレクトに聞くことも重要です。

もし直接働いている方が身近にいなくとも、企業説明会で担当者に直接聞いたり同業界に対象を広げたりしていくと良いでしょう。

判断材料は多すぎてもいけませんが、ジャンルが偏らないように選別するのも重要です。

なぜ転職で業界研究は必要なの?活躍したいと思うなら必ず行うべし

転職における業界研究は、今後自分がどんなキャリアを描いていくかでとても重要です。

また自分がどんな適性でどのような活躍をしていけるか、明確にイメージする上でも役立ちます。

ほかにもメリットが複数あるため、理由を知った上で自身のキャリアを見直すキッカケにもなるでしょう。

転職で業界研究が必要な理由

業界研究が必要な理由は転職における自分の軸を明確にし、正しく活躍できる場を見定めるためです。

具体的に自分が将来どんなキャリアを築きたいのか、その上でどんな業界にいればその実現が叶いやすいのかをイメージしなくてはなりません。

業界研究を行わないと将来性を感じられなかったり、うまく自身の能力を高められなかったりして転職に失敗してしまう可能性もあります。

難しく考えず、あなたが将来も同じ業界でずっと働き続けているイメージができるかを考えてみましょう。

どうしても仕事は人生において切っては切れない関係です。どうせ長く過ごす時間なら、少しでも楽しいほうが良いですよね。

業界研究はそんなあなたの将来を楽しくするための手段でもあります。しっかり行わないとキャリア構築で大きなミスをする可能性が高いです。

業界研究を行うメリット

業界研究はキャリア構築を行う上で重要なメリットを持ち、明確に自分のなりたい姿を追い求められます。

また入社時だけではなく、入社後も業界研究を行った経験が活用可能です。

新卒社員の場合は業界の知識を全く知らない前提のため、研修や丁寧なフォローを受けられます。

しかし中途入社の場合は即戦力や実践での経験値を優先されることが多く、十分な研修を受けられる会社はあまり多くありません。

もし未経験の業界であっても、ある程度の業界知識を求められるのです。事前に業界の知識や動向を知っていれば、仕事もスムーズに覚えられます。

今後長く働きたいと思える業界であれば、一定の知識を取り入れた状態で仕事をこなせるようにしましょう。

そうすれば早い段階で自分の求めるキャリアにたどり着きやすくなります。

メリットを最大限にするため優先して知っておいたほうが良い情報

業界研究で集めておいたほうが良い情報は、以下の3つがあります。

  • 自身の経験やスキルが活かせられるか
  • 市場価値を高められるか
  • 将来性を感じられてあなたがやりがいを感じられるか

すでに実務経験を踏まえた上で、得たスキルや能力をどう活かせるか事前に把握しておいたほうが良いです。

新卒社員と違い、得たものを有効的に活用できるのは大きな強みでしょう。

また固有のスキルや経験を踏まえて仕事ができると、特定の強みとなる可能性があります。

例えば経理の経験を持った状態で数字の管理が行き届いていない環境に配置されたとすれば、数字に強いという力を発揮しつつ新たなスキルを獲得できるといったイメージです。

そして一番はあなた自身が将来性を感じ、この業界で長く働き続けたいと思えるか。いくつかのポイントに沿って優先的に情報を集めてみましょう。

はるな

業界研究は応募企業を選ぶときだけではなくて、入社後にも役に立つのよね。即戦力が期待される中途採用ならではね。

転職で業界研究を行う際の注意点!効率を良くしてスマートにしよう

転職のために業界研究を行おう!と集中して取り組んでしまい、思ったような結果を得られない場合があります。

意気込んで取り組むからこそ起きてしまう事態であり、あまり良くない傾向になってしまうので注意が必要です。

そのため注意点も理解した上で、効率を落とさないよう意識して業界研究に励みましょう。

業界研究をなんのために行うか明確にする

そもそも業界研究をなぜ行うのか?をより明確にしておいたほうが良いでしょう。

業界研究は自身の将来を見通す手段です。明確な目標に対し、業界はどんな状態なのか。自分でも活躍できるか?といったマッチングを探ります。

活用すればとても大きく活用でき、入社前から入社後・働き続ける上でも非常に重要です。

しかしあくまで通過点、結果と照らし合わせるための手段であることを認識しておきましょう。

手段と目的が同一になってしまうと業界研究を行うこと自体が目的になり、本当に注力すべきことをおろそかにしてしまいます。

そのため得たことを活用するように意識し、研究することが目的にならないよう注意してください。

完璧主義を目指さず時間はかけすぎない

業界研究を目的としてしまった場合と似ていますが、集中しすぎると無駄な時間をかけてしまうことがあります。

完璧に業界すべてを見通す必要はありません。あくまで自分にとって大切な情報を選び取り、一定の結論を出すために活用しましょう。

また完璧主義をクセづけてしまうと転職してからも無駄な時間をかけてしまい、効率が落ちてやりたいことや目指す姿から遠のいてしまいます。

ある程度の時間や期間を決めて、業界研究に割く時間を決めると良いです。

もちろん中途半端にしてしまうのは良くないので、締め切りを設けて集中した時間を過ごすようにしましょう。

期限を決めないとダラダラ情報の収集に時間を充ててしまい、結果的に行動が遅くなることもあります。

研究したら必ず紙に書き出す

業界研究で学んだことや得たことは、必ず紙やスマホのメモでもいいので書き出しましょう。

インプットしたものをアウトプットすると記憶の定着が強く、より高度な思考が生み出されやすいです。

また面接時にも自分のまとめた成果として提出することもでき、より相手を納得させられます。

学んだだけではすぐに忘れてしまうのが人間。できるだけインプットしたものはアウトプットする習慣をつけ、情報を整理できるよういつでも他人に見せられるようにすると良いでしょう。

IT関係の業界であれば自身でブログやWebサービスを利用し、まとめるのも高評価ですね。

はるな

「未経験OK」の求人なら比較的門戸は広いけど、業界研究の結果をアウトプットすることで他者より選考が有利にやりやすいわね。

まとめ

業界研究は未経験業界に転職を考えているなら、必ず行っておいたほうが良いでしょう。

なぜなら面接時に「未経験でもこの業界をよく調べ、明確に就職したい意思が見える」と思ってもらえるからです。

また入社前だけではなく、入社後もスムーズに仕事をこなす上で役立ちます。

できるだけ多くの判断材料から自分のまとめた答えが出せるよう、多くの媒体を使って情報を集めていきましょう。

しかしあまり時間をかけすぎたり、完璧主義を目指して研究に没頭するのはよくありません。

効率よく自分の考えをまとめ、期限を決めて質の高いアウトプットを心がけてください。

業界をよく知ることで今後のキャリア形成にも大きく活用できます。あなたの将来をより良くするため、本記事を参考にぜひ業界研究を進めてみてくださいね。

業界研究が転職を制す|未経験業界に応募する前に抑えるべきポイント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる